info@jiuson.com

Blog

ご縁が花を咲かせる時間という節目

2015/07/07 0 Comment

知人のご紹介で、出逢いました。

ご縁花

自然と想いや気持ちが含まれるものとの遭遇

雨が降り続いていますが、心地よいBGMに一曲。

なんとご近所…徒歩5分程度。
これまたビックリ。そこでご縁花のお話をお聞きしました。
どこか背筋が、ピンっと一本入ります。
ご縁花の中には、五円玉が一枚
そこに使われている和紙は、日本の技術を代々引き継ぐ方の想いがあります。

ヒトの手に触れられることのないご縁

ご縁花ご縁花_赤色

どこか じっと みとれてしまいます
ご主人は、お母さまをはじめ手先の器用な方。
折るのに約1時間かかるそうです。どこか、字のごとく、祈りにも近い感じがします。

いったい人生の中で、想いを込めるという機会は、現代にどれくらいありますかね?

  • 季節という節目
  • 冠婚葬祭
  • お手紙
  • メール?

どこか、現地点から視ると遠く感じてしまうのは、気のせいでしょうか。
えんぴつ、筆を手に取り、一枚の紙に書く
なぜか、間違える、消すという行為が、それほどありません。
メールになると容易に調整します。笑
実に、不思議なものです。

花を開くとこれまたその”開き方”も美しいです。
実に、触れてみることが一番かと思います。笑
その先に、見えてくる生まれてみたことのない
”ヒトの手に触れられていない五円”
それを手にしたとき、触れたとき、ご縁を頂いたときに
自然と記憶がどこかに留まり、あるとき”ご縁花を目にすると”
その時間が、一瞬にして蘇ります。

ご縁花という節目

些細なことなのかもしれません。
個々にある生き方や感じ方があります。
大小ではありませんが、ゆたかな気持ちに触れられるのは
実に、気持ちの良いものです。

ご縁をありがとうございました。
大切にしたいと思います。

感謝

About jiuson










Twitter update