info@jiuson.com

地遊村

自然体と共同体

地(人)が生きる環境、価値観に触れられる環境、実学がおもしろい環境

自然体

餅は、餅屋

共同体が生み出す環境

Join us.

Newsflash

あたたかい意気揚々と..チラチラ目にとまる..散漫さその背景は、過去からやってきている..堂々巡りに、日常の機微を汲み取ることと出逢えていない様子切りかえると切り替わる一語一句を気にとめ、言動を整えていく..すると..なるようになりゆく。そう..あれっ..の感じに、些細なこと周囲に気持ちが向き過ぎるとろくなことはない..どうしようもないことが多々ある。自分ごとであるか、自分ごとでないのか..ソコからはじめていく探し続けていても、「そういうもの」というものは、言葉にはとどめられないところなのかもしれません。- いまからここから
暖かい、寒い..その時季に、現れてくることばは、とても自然パプリカ by Foorin自然に、種を蒔く土壌は、いきているか植生は、弾んでいるか..野に咲く生き物は、清々しい..育ちに、手は加えられずとも自然と生き抜く水は、肥料は、土は..と心配してくれる人はいないひとりだち..ここから、そこから日々に、種を蒔くことから..「種とは..」なんだろうか?希望か..。- 種は芽吹く
在る間..なんだかわからない、その間に、なんだか、なんかを感じる..。そういうものであり、単に、意識の有無だけか..When you say nothing at all. by Endless Summer真実の在りかその席、その前に、「その間」に立つと..自然でいられるのは、不思議なのでしょうか自然なのでしょうかそこに在るのは、何か..あっ、空気か..wと自然と歩いていると出会す偶然..うん。よくわからなくなっていきます。ところが、そこが未知であることに、様々な感情を生み出すことができます。- 在るところに在る間