info@jiuson.com

地遊村

自然体と共同体

地(人)が生きる環境、価値観に触れられる環境、実学がおもしろい環境

自然体

餅は、餅屋

共同体が生み出す環境

Join us.

Newsflash

様々な動機は、一体どこからやってきているのか..どこかで出逢う「きっかけ」そのきっかけは、どこから、どの様に、思いがけない瞬間との遭遇感じたところから論は、後からの方がいいのかも..その気、気持ちを邪魔してはいないだろうか..。「正解」を考えてしまい、「答え」を生み出してしまう。それは、物事への動機を削いでいるのかもしれません。思考を解放してみる「ままに、歩いてみる」目をとじて歩いてみるかの様に..そう..怖い、見えない、わからない、心境に..。それでも、ソコからなのかもしれません。- 空気に芽生える動機
日本中を見歩くたびに..気づかされる可能性..無限か有限か事あるごとに、試される有限。気がついてみると「有限なのか..?」と伸びしろと出くわします。出逢うたびに、気づかされる世界観..安部榮四郎氏とその時代の道に生き抜いていた人々。柳宗悦氏、バーナードリーチ氏、濵田庄司氏、河井寛次郎氏、棟方志功氏、芹沢銈介氏、壽岳文章氏、諸氏- 出歩くたびに出会す可能性
つかの間の曇り空にこれからを..天候は、破天荒に。落ち着き、穏やかは、どこかへ消えてしまったのでしょうか消えては、いない。見失ってしまってはいないだろうかKeep it going.止まれば、止まってしまう。止まってみえる。見える景色が、一定になる。何に、何をみようとしているのでしょうか。環境や空気は、みえないものなのでしょうか。「年輪」日々の層が、形成する環境日常の過ごし方を省みることで、気づけることがある平たく片づけてしまうと「清楚な姿」日常の清掃。この些細な出来事の繰り返しの有無..なのか..歩き続けてみよう- Keep it going