info@jiuson.com

地遊村

自然体と共同体

地(人)が生きる環境、価値観に触れられる環境、実学がおもしろい環境

自然体

餅は、餅屋

共同体が生み出す環境

Join us.

Newsflash

ご縁にひかれる京都..その意味に、出逢う情緒の在り処(か)どこだ、ここか、そこか..とTeam by Noah Cyrus & MAX感覚の層:直観インプットとアウトプット..日常生活におけるバランス。1点は、1点。100点は、100点から。不思議に「一方向は、行きゆかなくなる」はて、どうしてか..?片方は、アンバランス..に、片落ちしてしまうからか..いちえん(一円)にでくわす事に、遭遇する感覚との出逢いそこに、無いものは、無い。ただ、在るとこからはじまっていく感覚との遭遇在るものと、無いものとの差は、いったい..どこに..- 情緒の住み処
その動機は、何処から..わかったようで、わかり得ない感どころいったいどこから、か?案外、ソコ(底)に沈殿されていたりして..在るところからどこかに在るソコに出逢えるか、出逢えないか、でしかない。そこまでは、当人でしかわかり得ない感どころ。そこまで行ってみても、出逢えない時季もある。出逢いは、目前?必然に?永遠と道無き道とのお付き合い。wつかみつづける、ところから自ら、はじまっていく。色々と目前を通過していく瞬間(キッカケ)..出逢える境目に、ある:在りたい気持ち..無ければ、無くて、出逢うことも無いようだ..感覚に、磨き続けていないと、出くわすことはない..こういうことなのかも..。感覚を磨く..。感覚って..ここからか..- 感覚の所在
様々な動機は、一体どこからやってきているのか..どこかで出逢う「きっかけ」そのきっかけは、どこから、どの様に、思いがけない瞬間との遭遇感じたところから論は、後からの方がいいのかも..その気、気持ちを邪魔してはいないだろうか..。「正解」を考えてしまい、「答え」を生み出してしまう。それは、物事への動機を削いでいるのかもしれません。思考を解放してみる「ままに、歩いてみる」目をとじて歩いてみるかの様に..そう..怖い、見えない、わからない、心境に..。それでも、ソコからなのかもしれません。- 空気に芽生える動機