info@jiuson.com

地遊村

自然体と共同体

地(人)が生きる環境、価値観に触れられる環境、実学がおもしろい環境

自然体

餅は、餅屋

共同体が生み出す環境

Join us.

Newsflash

探すのか、作るのか、どうするのか..生活速度が、どこかしらオーバーヒート。仕方がないのか、道があると感じるのか自然に面白いのは、なるように、なっていく自然環境。成否を求め過ぎた時点に、成否が分かれてしまう現象は、極々自然の出来事関わり、関わると共生している尊重だけでもいいのかも..うやまう。その雰囲気は、感じ得られるのでしょうか..言い換えると「わからないけど、魅力的..」その姿に、憧れる。それなりに..気持ちは、どこでも、ここでも、はやり速度を増してきているようです。同意し、同調が普通となり。一人一人、1つ1つは、異なる生物であることが、不自然かのような速度見るもの、見えるもの、全てにある、それなりの生活速度それでいい。そこからでいい。そこからが、すべて。はじまる。- 出会す道に寄り添うと
5月は、皐月(さつき)どこか、わかったようで、わからない月日。その背景を辿ると、早苗月..。なんとなく、その季節に、その時季をあらためることができます。BGM:Supermarket Flowers by Ed Sheeranその先に、向かい入れるどこか、つっかえてしまっているところと出逢う。それは、どこかではない、ここでした。どうして、つっかえてしまうのか。「風の通り道」を閉ざしていたように感じます。「風の通る、その先」触れられれば、いいのに。触れらないこともある。振り返るとそればかり。それでも、それが、その先を形成していくようです。いかす「意味がある」と..- あの日は、この日に
4月かな?寒くない..?まっ、それも新しい四月か?笑日々は、同じ日はないようだし..BGM:These Days by Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplenそれだけでいい映画をみました。It's nothing..そういうことのようだ。遠回りしなきゃ..その先に、ポツっと出逢うのは、小言よりも微笑み、ひとつ- 微笑み、ひとつ