info@jiuson.com

地遊村

自然体と共同体

地(人)が生きる環境、価値観に触れられる環境、実学がおもしろい環境

自然体

餅は、餅屋

共同体が生み出す環境

Join us.

Newsflash

日本中を見歩くたびに..気づかされる可能性..無限か有限か事あるごとに、試される有限。気がついてみると「有限なのか..?」と伸びしろと出くわします。出逢うたびに、気づかされる世界観..安部榮四郎氏とその時代の道に生き抜いていた人々。柳宗悦氏、バーナードリーチ氏、濵田庄司氏、河井寛次郎氏、棟方志功氏、芹沢銈介氏、壽岳文章氏、諸氏- 出歩くたびに出会す可能性
つかの間の曇り空にこれからを..天候は、破天荒に。落ち着き、穏やかは、どこかへ消えてしまったのでしょうか消えては、いない。見失ってしまってはいないだろうかKeep it going.止まれば、止まってしまう。止まってみえる。見える景色が、一定になる。何に、何をみようとしているのでしょうか。環境や空気は、みえないものなのでしょうか。「年輪」日々の層が、形成する環境日常の過ごし方を省みることで、気づけることがある平たく片づけてしまうと「清楚な姿」日常の清掃。この些細な出来事の繰り返しの有無..なのか..歩き続けてみよう- Keep it going
七月、文月(ふみづき)..言葉と気持ちの間をよんでみる..こんな言葉と遭遇「どんな言葉を並べても、真実にはならない」花束を君に by 宇多田ヒカル間に..あるもの自分でしかない。何もない、形も無い。生み続ける、在り続けられるように..そう願い、そう生きる言葉と気持ちの境目を歩く..その一瞬は、一瞬その一瞬が、左右するものは、大きくも小さくもあり続ける言葉と向き合い、気持ちと向き合う..その地点は、境目の足元にあるものとは..- 言葉と気持ちの間に