info@jiuson.com

Blog

価値

2022/06/13 0 Comment

また、一年。また、一年。

バージョンアップできているか


BGM:How deep is your love.

価値のありかは、何処から

どこぞの奥底から

なかなか、触れられる機会というのか、「ソコに触れる」ということ自体が、どういうことなのか、言葉や文字では説明できない感覚どころ。

ソコとは、埋もれてしまっているというのか、生まれたては、そのものがソコにあり、時が過ぎゆくことで、埋もれていってしまう。つまり、触れることができなくなっていくソコは、いつもソバにある。

気づかなくなり、気づけなくなったりする。

磨き続けられているか

noazami2022

ソコは、曇り易い

触れなければ、触れられない。だから、曇り易い。年齢という年月は、家や生活環境の掃除(ほこりの有無)に等しい。手を入れなければ、たまる、よごれる。

メンテナンスが、必要

永遠だ

止まれば、止まる。止まらないように、メンテナンスしてあげてほしい。すると改めて、「価値」というものに触れられる機会が、チラつき始めてくる。生まれたては、「機会」しかないのだけれども、時と共に、「機会」「価値」として感じ得られなくなっていることが多い。習慣からくるマインドセットは、厄介だ。

未知でいい

「価値があるのか、価値がないのか」

その先に、行ってみないとわからないことが、ほとんどではないだろうか。経てきた「経験値」やその度合いという価値観によって、大きく左右される。「経験値し得たモノゴト」を価値とする人、「未知数、やったことないモノゴト」を価値と見出す人、物差しは、自由だ。

感じる、感じ得たいところは、どのあたりか?

もらわず、与えられる

価値を与えてしまう

前向きに、磨き続け、見出し続けられるリズムを築き上げる

気づくと「価値」に溢れかえることにもつながる

dazaifu2022

About jiuson










Twitter update