info@jiuson.com

Blog

いきる色合い

2017/07/03 0 Comment

文月(ふみづき):7月
梅雨とともに、蒸し暑さがじわりじわりと
心頭滅却..少しでも..


BGM:One foot on sand by Justin Young

在り様に在る

「なるようになる」

不思議となる。邪魔をすることがある。
「される」にはなく、そうしている..が近いのかもしれません。
「するのも、しているのも”自身”」に在る

自由か、不自由か
自由がいい。自在にいればいい
「考えが、過ぎる」とそこは、自在ではない位置なのかもしれません。

いい塩梅とは、いい加減などの取りようでしょうか。
その時々にあるところを感じてみる辺に、
バランスの有無と出逢える気がしています。

玉虫色

色々とある

だからいい彩りに、出逢えるのかもしれません。
暑さと寒さ、熱さと冷たさ
その間は、色々とあればある程良い
自然と幅を生み出してくれます。
ただ、その幅は、時に摩擦という熱を帯びます。
でも、時季に冷えます。

いい塩梅に在れば、熱という摩擦も「摩擦でなくなり、彩り」にかわります
変容は、在り様

2017玉虫

玉虫です
地上に出てきてからは、1週間程のいのちでしょうか。
その前は、土の中。

  • いのちのバトン(愛)
  • いきかた(姿)

彩りに、求愛し、姿に身を守る術を身にまとう
地上に出てからの一週間とは、どのような時なのでしょうか。

いきかたとしては、実にシンプル
余分も、余暇もない
時間という間もない。なにもないもの なのかもしれません。
それでも、それなりに、あるものが、素晴しい
それでいい、それがいい。いい塩梅加減に、整えられるようにと

色々に、色々と彩る 今日へ

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update