info@jiuson.com

Blog

自然を食す目を養う

2017/05/13 0 Comment

碧い海の会
そこで行われた薬草をいかした薬膳食。
最近よく耳にするフレーズ。薬膳..はて
薬草とは..。わからないなりに、聴いていると

聴いたことのある名前が、多いことに気がつきました。
これらも薬草なんだ

薬膳料理と碧い海の会

  • セリ
  • 五三竹(ごさんちく)
  • 三つ葉
  • アザミ
  • ユキノシタ
  • オオバコ
  • タンポポの花
  • ヨモギ
  • ツバキの若芽
  • 茶の木の若芽
  • ドクダミ
  • タラ
  • クズの若芽
  • 柿の葉

合うモノを見極める

やたらと薬をもらってくる祖父母をみてきました。
「よくわかっていないけど、飲む」
どこかで、そのようにみえていました。
本当に、必要なものは、何か。
必要なものだけで、良いはずなのに..
余分・余計なモノが、過剰に存在していないのか
そんな日常が続く中、薬膳料理というものに遭遇

食してみるとよくわかります。身体の機能が高まった感じ。
細胞というか、いきいきとお通じもそれなりに。
キレイになった感じは、気のせいでしょうか。

竹のお皿

竹のお皿
何かが、ちがう
はて、なんでしょうかね。

自然に触れる、自然を食す..
碧い海の会では、自然との共生について自然と触れてきていた
気がしています。何が、どうの、こうのの理屈にはない、体感
「正解は、ない」取組む先に出逢うことができる「納得」
どこか、腑に落ちる瞬間。

自然と接するとは、自然体である自身との出逢い
見失っては、いないだろうか。周囲に、探し過ぎていないだろうか。
どこにも無い事に触れ、身の内に在るものに出逢うまで
日進月歩か..と
いつも勉強になります。
感謝

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update