info@jiuson.com

Blog

足元にある音色

2017/02/20 0 Comment

あたたかく、さむいこの頃
2-3度が、17度まで。
変わらずにあたたかい太陽は、のんびりと照っています。
ふとした時に、出歩き、冬から春に備え動く自然を目にします。

するとそこに出逢うものがあります。


Can’t stop the feeling by Justin Timberlake

起源は足元から

歩き、走り、速度がでると前方、その先に目が自然といきます。
すると自然とことばたちもその先に向かって、走り出します。
それは未来像を口にする様なことです。
うん、多いかもと思いながら、出逢いました。

未来は、わからない

好きな映画監督さんのメッセージでした。
「今できることをやるだけです..」と
うん、納得。そんな時間が、もったいない。前に、進もう

そう感じたり、思ったら、進めてみる。
できることは、進めてみることでしか、その先には出逢えません。

eye on foot

感性の声

頭を使うというよりも、感覚を感じてみると面白いです。
感覚とは、心境とでもいいましょうか。
今、感じていることの心音。弾んでいるか、沈んでいるか、平たんか
そこで出逢えるものは、一体何か?
「自分自身が感じ得ていること」…思う事は、
「頭で思考すること」と「感覚に感じていること」に
差異があることです。なぜか、不思議とそう感じています。
頭が発達し、感覚が退化してはいないか。

そんな懸念…

頭が、感覚を抑えてはいないだろうか

気分でわかる、表情にわかる、音に現れる

不思議なものです。身体は、いつも自然体

春の音色が楽しみです。感謝

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update