info@jiuson.com

Blog

残るものと残らないもの

2017/07/23 0 Comment

風の通り道が、どこか慌ただしいのは..ん、気のせいでしょうか..
気のせいか..

夏風..祭りの賑わいが、あたりにポツポツと
時より出逢える夕立に、ほっと一息。


BGM:Slow Hands by Niall Horan

とくにはない

その寸前に、何かがよぎる(通過する)..そんな程度でしょうか。
時間との接し方..生かし方..生き方
モノ単体で見ると..うん、いっぱいに。残り過ぎるほど残るのでしょうね。

紫草と夏色

やってみた方が、いい

その分だけ残る..
何が?
何かが..
特定してしまうことに、残るものは、少ないような気がしてきました。

細胞に、身体に残る

記憶なんて曖昧なもの…
忘れてしまいたいことの方が多いような..
何も残らないものなのか?
きっと、そんなこともなく、出逢えたり、出逢えなかったりの繰り返しの中に
「気づくときがある」..その時が来る..ということなのかもしれません

彩り葉の先に

紫草との出逢い..

ん?鮮明すぎて..何でも?何もかも思い出すことができる..
まっ、そういうものもあって
それは、とてもありがたいことと出逢えたということ..
うん

間際をいきる

瞬間をいきる..そんな感じでしょうか
型取ったり、物質化したり、わかりやすくしたり…
ど〜しようもない、くだらないことばかり…思いおこされてるような..
気のせいか?w

痛々しいことばかりのようで、喉元過ぎると..なんちゃら
おもしろいのかもしれません…というか、そう在りたいと

それにしても、夏は、熱い!

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update