info@jiuson.com

Blog

出逢う線

2016/02/01 0 Comment

事との出逢い。
未知ある出逢い。どこかにわくわくする瞬間
そこに在るものは、周囲への期待ではない
まだ見ぬ自身との出逢いのようなものかもしれません。


Between the lines by Sara Bareilles

言葉にある生命や気持ちの有無

無意識に使っている。「そこに…ある・いる」
魚が泳いでいるとそこにいる。魚の干物は、そこにある。
ここまで繊細に、無意識に使い分けていたの?と出逢いました。

出逢いは、無数にある

実は、より身近に…

どこか、遠いところに目や気持ちが飛んで行ってはいないものか
実は、見回していてもそこには無い出逢い
行き着くと最も近い真と向合っています。
うん、あたりにあるものは、きっかけという機会
そこに呼応するのかどうかは、実に在る自身の中。
出逢うも出逢わないのもそこが起源

こころのたび

旅路

どんな出逢いとであうか。在るのは、一日という生活
生活感を調えられるよう…と切に想い自然に在れるようにと。

いつも線を引くのは、自分:
太陽にないのに、地球にもないのに
大地に、引かれている線…はて、なぜなの
そんな線は、見えていないのに、どこかにある線は何なの
もしそんな線がなかったら、出逢えていたのかもしれない
何のための線なの
どうしてなの
線って必要なの?

避けては通れない線という未知(みち)
横という線、縦という線
見方によって、分かれるとみるのか、つながる出逢うとみるのか。
見方がある

与えられた自由に、自在に

線なんてないんだよ

見えないんだよ…なのに、どうして
それでも、そこに存在してある線

どう見るも引くも、これからの旅路に
いい旅に、出逢えるといいな〜

感謝

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update