info@jiuson.com

Blog

起伏という懐

2017/06/09 0 Comment

6月は、水無月(みなづき)
梅雨に入り、晴れ間がみえ、清々しい時季です

山々の起伏が、程よい幅のように..


Human by Christina Perri

登るから見える

「みたい..」けれども「みれない..みえない」
登らなければ、登れなければ、ほぼ見えない

実にある感情:実感

山々は、動かず、そこにじっと、ど〜んっと在ります。
時に、雨をしのぎ、風をふせぎ、光を和らげます。
どこに、行き、どこに立ち、どこをみるか。
その歩む道に、選ぶ道に、選べる機会があります。

機会と感じ得るか、何も感じないか..

その差は、境は、いったい

感性

みえないものが、みえてくる..
感じ得られないものが、感じられてくる
どこで、どうして、どうなったら..

わからない

地道にある、自道にある

行ってみないと、わからない。行ってみてもわからない..かも。笑
些細な分岐に、一日一日の在り様
一日は一生
一日をどういきるか

その先へひと花

一日を 一瞬を 一生懸命に

行ってみることから、はじまる..
あらゆるものが、発達したようで、退化にもあるようで..
どこか、いきることから、かけ離れてしまってはいないものかと
まっ、それも必要なことで、不必要なものもあって、一体にあるのでしょうか。
未知に、満ち溢れている日常は、実におもしろいわけです。

さて、一日は、どのような一瞬の連続にはじまり、おわるのでしょうか。
行ってみよう..

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update