info@jiuson.com

Blog

好きな言葉たち

2011/08/14 0 Comment

子供の頃、本屋さんによく立ち読みに行っていました。
そしてなぜか、お腹が痛くなる…笑

そんな中でも、立ち止まって読んでいた本があります。
それは、「辞典」
辞典といっても、名言名句の辞典。
生きること/死ぬこと/夢を叶えること/愛情/悲しみ/楽しみ/などなど

どこかで、自分自身の支えの言葉になっていました。
そこから色々な人が生きていたことを知って、本を読みあさり。
勝手に、感動しては、思うまま感じるままを行動していました。笑
まっ、単細胞バカという奴です。
ほんと、「い〜な〜っ」と感じた瞬間、真似していました。

ドイツの教会

その中でも好きな人が、一人。上記写真ドイツ出身のアルベルト・アインシュタイン氏
ドイツのウルム出身だそうで、そこに行ってきました。笑
そんな人が住んでいた土地、空気、風、緑、歴史を体感!!
そんなアインシュタイン氏の言葉を少し。

  • 君には二つの生き方がある。奇跡など起こらないと信じて生きるか
    すべてが奇跡だと信じて生きるかだ。
  • 想像力は、知識よりも重要である。
  • 自分の目で見る。自分の心で感じる。そんな人間がいかに少ないことか。
  • 人間は海のようなものである。あるときは穏やかで友好的
    あるときは荒れはて悪魔のようだ。ここで注意すべきことは
    人間もほとんどが水で構成されているということである
  • 成功の最大の秘訣は、他人や状況に振り回されない人間になること。
    それだけだ。

おまけで、別の人もご紹介

  • 腹をきめられない者は、なにごとにも大成しない。(イギリスの思想家)
  • 確信を持て、いや、確信があるように振る舞え。
    そうすれば次第に本物の確信が生まれて来る。(ゴッホ)
  • 自分が行動した事すべては、取るに足らない事かもしれない。
    しかし、行動したというそのことが重要なのである。(ガンジー)
  • 人生における悲劇は、目標を達成しなかったことにあるのではない。
    人生に目標を持たなかったことにあるのだ。(教育/神学者)
  • 苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし(徳川光圀)
  • チャンスが二度ドアをノックすると思うな(フランス文学者)

ウルムの街並

こんな感じで、選んでみたけど過去の言葉は、面白い。
全て真実に近いと感じていて、実体験から生まれている言葉。
よく目にする学校の教科書よりもこの方が身にしみる。

つまり、人間としてのモラルだ。日本だと道徳でしょうか?生きる道

いやいや、いつもこんな感じで国を越え、パワーをもらっています。

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update