info@jiuson.com

Blog

学びに行く教室

2011/10/13 0 Comment

平成23年の11月20日(日曜日)に、園芸教室が豊後大野市の千歳町で開かれます!!
十時花園さんのところです。自分もお手伝いしています。笑

十時花園の園芸教室内容の詳細は、←こちら

今日考えるテーマは、学びに行く教室

どういうことや?
小学校、中学校、高校を振り返ると感じてしまうことが、一つ。

学校に何しに行ってた?
何のために、学校に行ってた?

過去の自分は、こうでした。
「行かなければいけないから、学ばなければいけないから」
意識と興味に、問題がありました。

幼き頃は、「プッシュして押し込む」という行為が、現代人の場合
必要なのかもしれません。でも・・・やっぱりとも感じますが。笑
では、もっと大昔を覗いてみるとどうだったのか?

碧い海の会の寺子屋

この写真は、碧い海の会にある森の寺子屋

江戸時代にあった寺子屋。全国に、約16,500軒ほど存在していたとか。
きっと昔は、こんな姿勢だったのかな~っと想像してみた

学び手の気持ち

  • 学びたいから、学びに行く
  • 学んで、ヒト(家族)や世の役に立ちたいから学ぶ
  • 未知なることを知りたいから、興味があるから学ぶ
  • 貧しい状態から脱したいから学ぶ
  • 学のない人間は・・・という社会評価の存在

こんな感じかな?ひたすら前向き。そして、ハングリーな姿勢。
Steve Jobs(スティーブ・ジョブス)さんも大学のスピーチで言われていました。

Stay Hungry. Stay Foolish.

このSTAYが、人間なかなか難しい。
周りの視線、周りが目に入ってくると「己」が、どこかに動き始めます。
「動くこと」とても大切なこと。
けれども、大事な部分の「一点」を見つめ「動かさないことも必要」ではないか。

やっぱり、結局は自分だ。

磨いて、磨いて、一点を確立しよう

修行じゃっ

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update