info@jiuson.com

Blog

日本の里山と向き合う

2010/11/19 0 Comment
日本の里山と向き合う

里山(SATOYAMA)とは、どういう意味かご存知でしょうか。人と自然との間で生存バランスのとれた山のことです。昔であれば、当たり前のことが、今では保護団体として見られています。現在この里山(SATOYAMA)という考え方が、世界にも取り入れられていくようです。

先月開かれた「COP10」という会議で、里山のようなコンセプトで自然との付き合い方を広めようと、51の政府団体が活動に参加することになったようです。これは、とてもすばらしいことですよね。アジアやアフリカには、この考え方を備えているところもあるようで、その他の国々では「SATOYAMA」という言葉が、使われ始めると思います。里山 Japan!今後が、楽しみです。

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update