info@jiuson.com

Author Archive

出逢う線

2016/02/01 0 Comment
出逢う線

事との出逢い。未知ある出逢い。どこかにわくわくする瞬間そこに在るものは、周囲への期待ではないまだ見ぬ自身との出逢いのようなものかもしれません。

余韻

2016/01/23 0 Comment
余韻

寒い日。大寒(だいかん)と読むのか。それにしても冷えます。窓側には、少々近寄り難いです。そんなこんなと出逢った本にあった言葉。「余韻を聞く」ん?と手に取り、その余韻に触れてみることに

花唄

2016/01/10 0 Comment
花唄

また一年、時代が年を重ねました。同じに、自身も。2015年に、数多くの機会を頂き..この2016年に取組むことができます。ありがたいことです。久々にテレビを視る時間があり聞き耳をたてているとどこか、痛い。なぜか...う〜ん、はて。どこか「出て来ている言葉は、

その準備

2015/12/28 0 Comment
その準備

一日、寒さと暑さが入り交じり、寒暖の差が激しい2015年です。うん、そう観ると「静動」そうか。そうなるわけかと整えています。笑今年の整理整頓を重ね、翌年の準備。どんな年だったか。どうしたかったのか。時間に透過してみると見えてくる一年。寒暖は、激しくありましたが

道理

2015/12/20 0 Comment
道理

気がつくと12月も中旬。師走、語源を辿ってみると...説が色々ありアテられたのか?っとそれなりに想っておこうと思います。来年まであっという間でしょうね。2015年...好きな数字の一年です。数多くの経験をこの一年させていただきました。

未知

2015/11/30 0 Comment
未知

あっという間に年末時がこれほど濃く早く感じられた年は、ありません。2015年 動静 にはじまり様々なご縁

空間

2015/11/23 0 Comment
空間

間と書きたかったのですが、空間かと...時より、必要になる、常時か、いや臨機応変かとてもありがたい経験をさせて頂いています。未だ見ぬ花に至れるようにと...

響き

2015/11/10 0 Comment
響き

響くとき、余韻がそこにあります目には見えない、カタチに触れられない、何かがそばにあります

日常と生産

2015/10/26 0 Comment
日常と生産

長崎県にある伊王島高島に縁があり、ここに滞在しました。当時は船移動のみ。現在は、橋が掛かり車で渡ることができるようになりました。良かったのか、どうなのか。これからの生産でしょうか。個々に、良かったねと至れるような架け橋になれるように、生かす良かったという面も生活面からすると多岐に在るんだと思います。

秋色

2015/10/26 0 Comment
秋色

長崎県伊王島

Twitter update