info@jiuson.com

Blog

紫草が教えてくれる事

2011/11/28 0 Comment

紫草(むらさき)という言葉が、きっかけで体が自然と動いていた。

紫草とのきっかけは、十時花園さん。
万葉の花紫草(ムラサキ)を栽培する土」の話を聞いてから

すると不思議な出逢いにでくわす。

紫草と出逢う

「絶滅危惧種とまわりは、言う」
ん?十時さん、普通に育ててるけど…。
どうやら十時さんとの出逢い自体に、なにかあるのでしょうか?
辺りをみまわすと、「難しい、難しい」という難問が、ここでは解決されている。
だから、隆治さん(息子さん)にしては、「何がそんなに難しいのか、わからない」という感想に至る。笑
環境ってすごいというか、怖いというか。面白い。

紫草の花の降る日に九重町文化センター

あるとき「紫草の公演」があると聞いた。「えっ、いつ、どこ?」
大分県の九重町。これまた大分で行われるってのが凄い。
タイトルが「紫草の花の降る日に」平成23年11月27日(日曜日)
場所:九重町文化センター
作家さん、演出家さん、みなさん大分県出身。尚凄い。

つい昨日の事ですが、行ってきました。
すると着いて10分もしないうちに、作家さん、九重町民劇場代表の方、
スタッフの方にお会いする事が出来ました。嬉しかった。
こういうのも可笑しいかもしれませんが、
雰囲気が紫草に似ている方々だった。笑

少しお話をして、公演を観ました。

どっかで聞いた事あるようなストーリー展開。笑

  • 昔(先人)から学ぶ(奈良時代の登場人物)
  • 自然と共生する
  • どう生きるかを考える
  • 「欲」という社会の流れ

紫草を通して現代や生き方をみると面白い

紫草は、書物上奈良時代の頃から
人間の手によって育てられていたらしく
東大寺の方へ収められていたようです。
しかし、現代では「絶滅危惧種」。あれ、なんで?
昔の人に出来て、今の人に出来ない事ってあるの?
色々な物事が発達しているのに、育てる事が出来ない紫草。

う〜ん、魅力。面白い。何が違うのか?

環境が違うから生き方も違う

すると「考え方」「姿勢」が大きく異なってくる。
環境の違い

  • 生まれてすぐに、死と隣り合わせ(他国にとっては、昔話でない。)
  • 生き抜くために食べる(食べ物がない時代)
  • 生き抜くために知恵(学)を身につける
  • ウソ偽りの無い関係(信頼感)

生きる事に、一生懸命な時代。生きる事が、困難だった時代。
「環境は、人を強くする。」

では、現代は?どうか。

山あり谷あり

わかりきったことは、書きたくない。

「言わないとわからない」というのは、日本人らしくないと思っています。
日本人の場合、「言わずともわかる。暗黙の了解」という感覚があります。
そこに日本人の美徳があって…その背景には、
きっと「おもいやりの心」があるからかと。

現代の日本は、丁度山の頂き付近。これから登るも下るも自由。
生き方次第。恵まれた環境が、ここにあります。

紫草を見習って、気を引きしてめ、
自分の生き方を日々見つめていきたいと思います。
紫草が現代かわずかに、生きている意味。
現在紫草と向き合っている人の姿勢。
これからが楽しみです。物事の「原点」を軸に、人がどう生きていくのか。笑

紫草に感謝

また、素敵な人たちと出逢えますように。公演ありがとうございました。
背筋が、ピンと伸びました。感謝×感謝

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update