info@jiuson.com

Blog

竹灯篭と碧い海の会

2011/10/18 0 Comment

来月の平成23年11月12日に、大分市戸次にて、大野川合戦祭りが開催されます。
その際、11月13日に「よいやかがり火」という夜会も開催されます。

その時必要なものが、竹灯篭。
碧い海の会では、この竹灯篭を作っています。
そのお手伝いに参加してきました〜。

碧い海の会で竹灯篭作り

今回は、大分ボランティアセンターの方々が2日間参加して、
合計約400本を作りました。
集まった人たちは、一日に約30数名。
若手は、大分大学の生徒さんたちも数名集まり、賑やかな時間でした。

作業の後は、お昼。このお昼が、実に楽しい時間の一つ。

初日は、だんご汁

碧い海の会の縁の下だんご汁を皆で食べる

このだんご汁が、美味い。
碧い海の会のメンバーが、こしらえてくれます。いつも大感謝!
大分では、このだんご汁が名物。多分…
だんごを引き伸して、鍋に入れます。

2日目は、カレーライス

ご飯を炊いて、竹しゃもじ山盛りのカレーライス

左の写真、ご飯を炊いて、しゃもじもお手製!
竹をうまく切って、使っています。笑

お昼は、最近定番となりつつあるピザや焼き芋が、おかず。
碧い海の会には、ピザ窯があって色々焼いては食べています。笑
ピザ窯は、もちろんお手製。

終わりの言葉

最後は、皆で集まって終わりのご挨拶。お疲れさまでした。

今回のお祭りで作る竹灯篭ですが、戸次の「作家蔵(さっかぐら)」の
アーティストさんたちが
創作竹灯篭を作るらしく、碧い海の会にて作業中とか。

面白いっ。今度、作業の様子を覗き見してみよう。笑

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson










Twitter update