info@jiuson.com

Blog

街を活性化させるって

2011/08/18 2 Comments

夏の休み、プチ旅に

大分市内から車で、約2時間ほど。阿蘇市へ行ってきました。
阿蘇へは、昔からよく行っていましたが、大勧峰や阿蘇山火口の山々めぐりが多く
阿蘇市内は、歩いた事なくて
境さんファミリーから「門前町が、いいんじゃない」っと一言

うん、良かった!何がいいかって

  • 雰囲気、ヨシ
  • 街並、ヨシ
  • 人、ヨシ
  • 食、ヨシ(パン屋さん:他は未体験)
  • 散策、ヨシ
  • 自然体、ヨシ!

阿蘇神社の入り口

地元の人に色々聞いてみた。笑
若手が中心となり、身近にある自然(水基巡り 22箇所)を活かした街の再建。
うん、素敵

阿蘇神社前の通り道

阿蘇神社と周囲を囲む外輪山
雄大すぎるぐらい、心地よい。また、暑すぎず涼しい風が吹く。

門前町にある水基巡り

「心地よい、気持ちがいい、休まる」って、何だ?
人間の本能?
そこには、理由なんてなく「ただ、ただ、心が休まる居心地の良さ」を
感じる事ができる

「人間が作り出すモノ」と「自然が作り出すモノ」とでは、違いがあるが
ここでは「共存できるモノ」があって、不自然ではない。
個性が、一つに調和している。

旧女学校がアンティークショップに

周囲には、水が溢れて、音が心地よい。
昔ながらのトイレもあって、中もきれい。

小さな小川とベンチ

散策すると至る所に、木製のベンチがある
「どなたでもどうぞ!ゆっくりしてください」っと、言っているかのよう
そして、各店舗が持つだろう商品が面白い
自分の好物でもある「お漬け物」と出逢う、うん止まらない。w
キュウリ一本を串刺し。美味い!

お漬け物 キュウリ

街の活性化って、「調和」か?
それぞれの個性がある中にも、調和しようとする街の人たちの
街を想う姿勢が感じられる。
「我」でなく、「街」がという気持ちなのかなっと体感した一日でした。

楽しかった、阿蘇市
「また行ってみたい、人に伝えたい」と思える街。
久しぶりに、そんな時を感じました。

この記事を読んだ方は、この記事も読んでる:

About jiuson

2 Comments for this entry

あだち

8月 23rd, 2011 on 1:44 AM

行って見たくなりました。
のんびりと過ごしてみたい時に
ゆっくりと時間を過ごせるようなきがします。

    jiuson

    8月 23rd, 2011 on 8:12 AM

    そうですね。ゆっくりとした時間に、ゆっくりと歩かれると良いと思います。










Twitter update